間取り図

礼金ゼロで借りられる|新生活を気持ちよくスタート

数年間だけ部屋を借りる

men

単身赴任者の場合、転勤先の住居で使う家具を買っても、いずれ不要になってしまいます。数年間使っただけで捨ててしまうのは、とても不経済です。とはいえ、自宅に持ち帰っても邪魔になってしまうだけです。そのため、大阪では単身赴任者向けの家具付き賃貸マンションが大人気になっています。

詳細

賃貸物件に住む

keys

交通の便が良く買い物環境にも恵まれる日本橋は、賃貸マンションの家賃相場も高いものです。条件の良い物件を安く借りるためには、地元の不動産会社を回るのもひとつの手段です。中には掘り出し物となる物件を見つけることもできます。

詳細

月単位で借りられる

マンション

京都マンスリーマンションは短期間滞在する人にとっては便利に利用できる宿泊施設です。ホテルに滞在するよりも安く済ませることができますし、生活に必要な家具や家電も揃っています。敷金や礼金なども不要なので、手軽に引っ越しができることも魅力です。

詳細

礼金が不要な賃貸住宅

house

賃貸住宅を借りる際には、入居時に敷金と礼金の支払いが必要である事が一般的です。これらのコストは不動産仲介業者に対して支払う費用ではなく、物件オーナーに対して支払うものです。敷金は一種の預り金(または保障金)のような位置付けのものであり、物件オーナーが賃借人が退去時に貸した部屋が著しく汚れていてハウスクリーニング等が必要な場合に、その費用を賄うために預かるものです。当然、賃借人が部屋を綺麗に使い、このような費用が発生しないケースもあり、その場合は敷金は返金されます。他方、礼金は部屋を貸してくれたオーナーに対する謝礼のような位置付けであり、こちらは退去時に返還される事はありません。礼金の相場は家賃の2ヵ月分程度ですが、最近礼金ゼロの物件も増えてきています。

礼金ゼロの物件が人気を集める理由は、賃借人の経済負担が少なくて済むからです。賃貸契約を締結する際には、礼金に加えて不動産仲介業者に仲介手数料を支払う必要があり、礼金を2か月分払い仲介手数料を1か月分支払うとすると、合計で家賃3か月分もの支出が賃借人側に発生します。この点、礼金ゼロの物件であれば賃借人の負担は不動産仲介手数料のみとなるため、賃借人の費用負担額に大きな差が生じるのです。ひと昔前までは礼金は2か月というのが相場でしたが、最近では礼金ゼロの物件が急増しており、礼金ゼロという物件の方が多いぐらいとなっています。物件オーナーとしては礼金ゼロは収入面では痛手ですが、礼金を失ってでも入居者を確保したいという人は多いのです。